災害対策本部の活動

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

【フリーダウンロード】核攻撃対応・毒ガス攻撃対応マニュアル公開、北朝鮮ミサイル・隠岐諸島から300キロの海域に落下、米空母・3隻目を派遣・北朝鮮抑止へ、ロシアが後ろ盾か?北朝鮮を実質的支配、南海トラフ地震の津波予測システムが採用に

【フリーダウンロード】核攻撃対応・毒ガス攻撃対応マニュアル公開

f:id:rexakizuki:20170414135841j:plain

 北朝鮮がまたミサイルを発射しました。当エントリで関連ニュースを紹介いたします。

 あわせて、以前、公開した毒ガス攻撃・核攻撃への対応マニュアルをリンクしておきます。

blog.bcp.tokyo

blog.bcp.tokyo

 

 

北朝鮮ミサイル・隠岐諸島から300キロの海域に落下

本日早朝、北朝鮮がミサイルを発射し、日本の排他的経済水域に落下しました。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

米空母・3隻目を派遣・北朝鮮抑止へ

米国が3つめの空母打撃群を派遣したとの報道です。

もともと空母カールビンソンは、空母ロナルド・レーガンのオーバーホールによる空白を埋めるために派遣されたとのことでした。同空母が復帰したあと、カールビンソンがこの海域に留まるのかどうかが話題になっていました。

ここへきて、さらに、ニミッツ空母打撃群が加わります。

その報道があった直後のミサイル発射でした。

米海軍が原子力空母ニミッツ艦隊の西太平洋派遣を決めたことが26日、わかった。米軍関係者が明らかにした。アジア・西太平洋地域に派遣されている原子力空母カールビンソンとロナルド・レーガンに加え3隻目。同地域に同時に3隻を展開するのは異例だ。

www.asahi.com

 

 

ロシアが後ろ盾か?北朝鮮を実質的支配

北朝鮮が強気でミサイルを飛ばしまくるのは、後ろ盾にロシアがいるからだという観方が浮上しています。確かに、これが事実だとすれば、さまざまな疑問が解決します。

「ミサイルを飛ばしているのは、北朝鮮ではなくてロシアですよ。北朝鮮にあるミサイルのほとんどは、ロシア製です。それに、すでに北朝鮮にロシア兵が入り込んでいる可能性が高い。
 ウラジーミル・プーチン大統領は『北朝鮮が核保有国であり続けてもかまわない』と思っているんです。北朝鮮にある40kgのプルトニウムのうち、30kgはロシアが持ち込んだものです。核弾頭1発に必要なのは4~6kgなので、北朝鮮は6発分くらいのプルトニウムを保有しています」(中村氏)

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/05/post_19246.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved. 

biz-journal.jp

 

 

南海トラフ地震の津波予測システムが採用に

東北大学・大阪大学・NECが津波予測システムを開発し、内閣府に採用されます。

■東北大学 大阪大学やNECなどと大地震に伴う津波被害を予測するシステムを開発、政府が初動対応などを決める際に使う内閣府の「総合防災情報システム」に採用されることが決まった。南海トラフ地震が発生した場合、30分以内に浸水被害の範囲を計算できる。2017年度後半に運用を始める。

www.nikkei.com