読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

災害対策本部の活動

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

イヴァンカ女史がFBで公開・米中首脳晩餐会、シリア爆撃成果・衛星写真他、中国人民解放軍が北朝鮮国境に進軍、韓国は邦人保護の自衛隊を拒否する?

イヴァンカ女史が公開した米中首脳晩餐会の写真

今日は最初に、トランプ大統領の令嬢・イヴァンカ・トランプ女史がFacebookに載せていた習近平国家主席との晩餐会の様子をご紹介します。

 

まるで中世の王族のそれのようです。

あまりにも時代を象徴する写真に見えたのでご紹介したくなりました。

 

 ある意味では昨今の「帝国主義の再来」を思わせるような、大国の皇帝(トランプ・プーチン・習)や小国の凶暴な暴君(金正恩)が繰り広げるパワーゲームの1シーンなので、「中世の王族の晩餐」に見えても不思議はないのかもしれません。

 

この晩餐会が終わった直後に、かわいそうな習皇帝はトランプ皇帝に

「シリアに巡航ミサイルぶっ放したからよろしく!(とは言わなかったでしょうけど)

と告げられ、

「う…えっと…い、いんじゃね?(とは言わなかったでしょうけど)

としどろもどろに答えたのでした。

 

その様子を書いた記事を引きます。

まるで映画を見ているようです。

 

6日午後7時(日本時間7日午前8時)過ぎ。トランプ米大統領は、中国の習近平国家主席夫妻を南部フロリダ州パームビーチの会員制リゾート「マールアラーゴ」に招いて夕食会を開き、報道陣を前に上機嫌でまくし立てた。

 しかし、その時点でトランプ氏は、シリアの空軍基地に対する巡航ミサイル攻撃を命令済みだった。

 米メディアによると、トランプ氏は夕食会の間、国家安全保障会議(NSC)高官から攻撃の進展状況を聞くなど、「重大行動」に取り組む自らの姿を習氏に誇示するように振る舞った。習主席一行は食事が終わるや、早々に宿舎のホテルに引き返したという。

www.sankei.com

 

 

シリア爆撃の成果(衛星写真他)

さて、そのトマホーク巡航ミサイルはどのような戦果をもたらしたのでしょうか?

攻撃直後に、ロシアが「59発のうち23発しか命中しなかった」とか皮肉っていましたが、実際に写真を見るとその正確さは呆れるほどです。

 

おそらくこの写真をみてもっと恐れているのは北の暴君でしょう。

https://tribkcpq.files.wordpress.com/2017/04/s077536005-300.jpg?quality=85&strip=all

画像:Q13FOXサイトよりリンク、以下の記事ではその他の衛星写真も見られますが、いずれも正確にヒットしていることが見て取れます。

q13fox.com

 

さらに驚いたのが地上で撮られた次の写真です。

おそらくは戦闘機とみられる機体(ぐしゃぐしゃなので元がわかりません)は対爆撃用の掩体壕(えんたいごう)に入っていたと思われます。

しかしながらミサイルは、掩体壕の上ではなく、爆風が届く入り口の前後どちらかで爆発したようです。機体は跡形もなく吹き飛ばされています。

 

https://static.standard.co.uk/s3fs-public/styles/story_large/public/thumbnails/image/2017/04/07/12/syriaairstrikes.jpg

画像:Evening Standardサイトよりリンク。

ご覧の通りぐしゃぐしゃです。

www.standard.co.uk

 

 

中国人民解放軍が北朝鮮国境に進軍

驚くべきスクープです。

この事態が進展すると、北朝鮮とともに中国も「内乱」になります。

一部を引きますが、記事はぜひご一読ください。

「中国のインターネットで7日午後、『中国人民解放軍旧瀋陽軍区(現北部戦区)の部隊が、北朝鮮との国境、鴨緑江に進軍中』という情報が、映像つきで拡散した。ところが、政府当局は慌てて削除して隠した」

 実は、旧瀋陽軍区は習氏の政敵、江沢民一派の牙城で、管轄域には100万人以上の朝鮮族が居住している。「人民解放軍最強」の部隊で、習氏ですら口出しが難しい。朝鮮人民軍とは「血の盟友」といえ、経済制裁を無視して、生活物資、軍事関連物資を秘密裏に支援している。北朝鮮が危機のとき、駆け付けるのもこの部隊だ。

 その旧瀋陽軍区の部隊が「北朝鮮と組んで暴発する危険がある」という。

www.zakzak.co.jp

私自身は、この記事を読んでますます地下壕に潜りたくなりました。

しかしながら、この状況は小説でも冗談でもありません。

 

韓国は邦人保護の自衛隊を拒否する?

貴社には、韓国に駐在されている社員はいらっしゃいますか?

危機発生時に韓国が自衛隊の邦人保護を拒否する可能性について検討されましたか?

現在の韓国の政権は、その可能性があるとの記事です。

親日国タイでの邦人保護はスムーズにいったが、韓国内では、自衛隊の救出部隊が足を踏み入れることに、反日的国民の顔色をうかがう韓国政府が拒否する恐れが高い。

そればかりか、自衛隊に代わり在韓米軍が救出・誘導した邦人を日本に輸送すべく出動する航空自衛隊・輸送機や海上自衛隊・護衛艦&輸送艦の着陸・接岸さえ、許可しない懸念も残る。

www.sankei.com

 

 現時点での帰国は、よほど精度の高い情報がなければ判断は難しいでしょう。

しかしながら、注意喚起とともに、現地での危機対応についてはガイドしておく必要があると思われます。