読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

災害対策本部の活動

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

【番外編】わくわくすること、熱中することを「遊び」というなら…

今週のお題「何して遊んだ?」

 

はてなブログの「今週のお題」に初めて投稿しています。

お題は「何して遊んだ?」だそうです。

 

【画像:わたしが最も愛しているおもちゃ=Klotho(クロト)

f:id:rexakizuki:20170217061947j:plain

 

私は10年前に自分の会社を創業して以来、日頃からあまり「遊び」と「仕事」の区別がついていません。

そのため、「何して遊んだ?」と訊かれると「これを造って遊んでるんだよ!」と答えて見せたくなるのが、自社のサービスという結果になります。

 

「遊び」と「仕事」には大きな共通点があると思っています。

というか、この2つを別けることに、個人的には意味が見出せません。

 

理由1.わくわくする、熱中してしまう

遊んでいるときも、仕事のプランニングをしているときも、わくわくしています。

そしてあることに熱中してしまうと、他のことを忘れてしまうこともしばしば。

 

理由2.没頭していると時間が経つのを忘れる

何でこんなに早く時間が経つんだろう?と、いつも思っています。

特に仕事をしていると、あっという間に日が暮れます。

ちなみに起きるのが遅いからじゃありませんよ?

だいたい毎朝、午前3時か4時には起きて仕事を始めています。

 

理由3.何かを創ることだと思っている

個人的にはスマホやPCのゲームで遊ぶのが余り好きではありません。

(まあ、まったくやらないわけでもないんですが(^^ゞ)

なんというか「機械に遊んでもらってる」という気がしてならないのです。

 

遊びは創造的であるべきです。

知らないことを見つける、新しいものを創る、仲間とともに新しい体験を楽しむ。

こんな風に遊びたいと、いつも願っています。

そしてこれが遊びなら、私が仕事でやっていることと変わりません。

 

唯一の違いは「仕事は、お客様に提供する価値を造って、お金にしなければならない」ところでしょうか。

 

こんなことを考えて働いています。

 

つい最近も、こんな「わくわく」を共有できる仲間を見つけて、新しい仕事を立ち上げることになりました。

 

この新しい仕事については、また次の機会にお知らせしたいと思います。

これを読んでくださったあなたとも、いつかいっしょに遊びましょうね!