読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

災害対策本部の活動

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

バグダッドで27人、トルコで39人、シリアの爆撃でISILメンバー34人が死亡、残念ながら防ぐのは難しい

BCP(事業継続計画) ISIL テロ

http://www.telegraph.co.uk/content/dam/news/2016/12/31/baghdad1-large_trans_NvBQzQNjv4Bq5atK_0dc4WOh43gNNcRgED3n6GieILwefy3U8seNFmA.jpg

(画像:The Telegraphサイトよりリンク)

バグダッドでは、土曜日の混雑しているマーケットで2件の自爆テロがあり、27人の方が亡くなっています。ISILが犯行声明を出しています。

 

厳戒体制だったにもかかわらず、やはりテロを防ぐことは難しいです。

 

トルコのテロについては昨日もブログでお伝えしましたが、亡くなった方が39人に増えています。また大統領がテロと断定しました。

www3.nhk.or.jp

 

シリアではISILへの攻撃が継続されていて、ユーフラテス川盾作戦の131日目、166箇所への攻撃が行われ、ISILのメンバー34人が「無力状態」にされたとの報道です。

www.trt.net.tr

「無力状態」とは抽象的な言い方ですが、つまり死を意味します。日本ではおだやかな元日を迎えていますが、わずかここ数日だけで、双方で100人近くの人が命を落としたわけです。

われわれ日本人は、せめて正月を祝っていられるこの平穏を感謝しましょう。