読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

災害対策本部の活動

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

米原子力空母の原子力災害対応訓練

BCP(事業継続計画) 原子力災害 放射性物質

原子力災害の発生源は、電力会社の原発だけではありません。

横須賀にも強力な原発があり、それが事故を起こすこともありえます。

 

12月15日にこのような訓練が行われました。

海保には放射線測定ができる特殊艇もあるんですね。

news.nifty.com

 

事故に備えて、内閣府が以下のようなマニュアルを整備しています。

 

原子力インシデントの発生は、米国から事故の連絡を受けることに

なっていますが、日本独自のモニタリング・ポストを設けて放射線

測定もしています。

 

詳しくはこちらをどうぞ。

原子力艦の原子力災害対策マニュアル」(PDF)

http://www.bousai.go.jp/taisaku/pdf/genshiryokukan-saigaitaisaku.pdf