災害対策本部の活動

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

津波

このブログは危機管理・事業継続の視点を育てるメディアを目指します。

初めまして。株式会社レックスマネジメントの秋月です。 このブログは、企業や組織の危機管理・事業継続を仕事とする方々に役立ちそうな情報を取りまとめてお伝えしております。それも単なる情報をお伝えするメディアではなく、危機管理視点でのキュレーショ…

【フリーダウンロード】核攻撃対応・毒ガス攻撃対応マニュアル公開、北朝鮮ミサイル・隠岐諸島から300キロの海域に落下、米空母・3隻目を派遣・北朝鮮抑止へ、ロシアが後ろ盾か?北朝鮮を実質的支配、南海トラフ地震の津波予測システムが採用に

【フリーダウンロード】核攻撃対応・毒ガス攻撃対応マニュアル公開 北朝鮮がまたミサイルを発射しました。当エントリで関連ニュースを紹介いたします。 あわせて、以前、公開した毒ガス攻撃・核攻撃への対応マニュアルをリンクしておきます。 blog.bcp.tokyo…

3.11を上回る広域避難145万世帯、震災6年エネルギー政策迷走の代償、逮捕の女「自室に放火」、栃木住宅火災5人死亡の間取り、ミサイル落下前の情報提供「不可能に近い」他

(画像:日経アーキテクチャ様からリンク) 3.11を上回る広域避難145万世帯 南海トラフ地震が起こった場合の広域避難者は、東日本大震災で転居した33万世帯の約4倍以上にあたる145万世帯が避難をするという試算が出ました。 マグニチュード(M)9級の南海…

今年の3月11日、フジテレビの3.11動画アーカイブ、地震には引き続き要注意、共助とは顔が見えること、文科省AIで地震観測網、アスクル火災後の事業継続プラン、本日のおまけ、他

今年の3月11日 あのとき日本に居た人であれば、誰にとっても忘れられない3月11日が今年も巡ってきました。 今年の私は、ある女性経営者のお客様と防災の勉強会に参加させていただきました。亡くなった方々への、遺された方々への、せめてもの鎮魂となること…

遺跡とお寺の記録が京都の地震を語る、古くからの土地が残る京都で「地震考古学」、平成30年史−大震災の時代(1)(2)(3)、本日のおまけ

ちょっと珍しい、京都からの地震の話題を2つお届けします。 (画像:京都新聞様よりリンク、地震後の墳砂の筋、液状化の跡も) 遺跡とお寺の記録が京都の地震を語る その昔、お寺のお坊さんという職種は、今の言葉で言えば「インテリ」でした。 読み書きが…

アマゾン社長「安全対策検討したい」、アスクル顧客離脱リスクは軽微との見方、アスクル火災鎮圧・消えぬ不安、群馬で倉庫火災、3.11酷寒の避難所犠牲拡大、防災アプリに災害時協力寺院、福島津波でデータ見直し、他

(画像:倉庫のイメージ写真) アマゾン社長「安全対策検討したい」 通販大手アマゾン様も無関心ではいられない火災だったと思われます。ジャスパー・チャン社長には二度ほどお会いしたことがありますが、たいへん聡明な方でした。 同じような事案が発生しな…

【要注意】ソロモン諸島でM8.4の地震、M7.9の余震、津波発生の可能性

PTWC(太平洋津波警報センター)の情報を転載します。 南太平洋を中心に津波警報が出ています。 日本への影響は発表されていませんが、今後の情報に要注意です。 914 WEPA40 PHEB 220448 TSUPAC TSUNAMI MESSAGE NUMBER 2 NWS PACIFIC TSUNAMI WARNING CENTE…