災害対策本部の仕事

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

新型インフルエンザ

このブログは危機管理・事業継続の視点を育てるメディアを目指します。

初めまして。株式会社レックスマネジメントの秋月です。 このブログは、企業や組織の危機管理・事業継続を仕事とする方々に役立ちそうな情報を取りまとめてお伝えしております。それも単なる情報をお伝えするメディアではなく、危機管理視点でのキュレーショ…

鳥インフル死亡・昨年の倍超、ゲリラ豪雨を地デジ波で予測、アスクル火事・防火設備一部作動せず、熊本地震の初動検証、ランサムウェア被害1週間はオフラインに、他

(NICTよりリンク、水蒸気量の推定の原理より) 鳥インフル死亡・昨年の倍超 昨年末から急増しているH7N9感染者の数が、昨年1年間の死者総数の倍を超えました。とはいうものの収束の傾向にあるということです。 引き続き要注意。 中国国家衛生計画出産委員…

鳥インフルH7N9猛威=2月も77人感染、H7N9台湾人男性が感染・日本製治療薬投与、家禽類感染まん延が原因か、アスクル火災・町が水確保を要請・3万種欠品・物流競争大型拠点に死角、北朝鮮ミサイル関連、金正男氏暗殺関連

(画像:鳥インフルエンザH7N9ウイルスのヒト感染例の推移、日経メディカルよりリンク) 鳥インフルH7N9猛威=2月も77人感染 中国で鳥インフルエンザH7N9型の感染拡大が止まりません。 中国衛生当局が2月14日に発表したデータによると、先月中国で192人が同…

鳥フルH7N9患者流入の可能性、致死的な重症呼吸不全を救う人工肺、米日ミサイル迎撃成功映像を公開、韓米・軍演習でTHAAD運用の初訓練、

(画像:朝鮮日報日本語サイトからリンク・ミサイル迎撃成功の画像) 鳥フルH7N9患者流入の可能性 中国で感染が広がっている鳥インフルエンザH7N9の状況について、国立感染症研究所が『鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスによる感染事例に関するリスクアセスメ…

アイドル急死でネットに流言、H7N9感染者が300人を超える、ペット「同行避難」と「同伴避難」の違い、狙われる国内製造業、大学で海外危機管理教育

アイドル急死でネットに流言 人気アイドル、松野莉奈さんが急逝されました。まだ若く、輝かしい未来のあった女性なので訃報を痛ましく聞いておりましたが、原因が報道されないためか、このような根拠のない流言がネットで広まっています。 人気女性アイドル…

インフルエンザは実は自分の手から伝染るんです。手は下足で歩く床より汚かった?!

インフルエンザが猛威をふるっています。今日は結論から書きます。 インフルエンザの予防にもっとも有効な手段は小さな容器のアルコール消毒剤を常に持ち歩いて外出中でもこまめに手指を消毒することです。 マスクは有効なんでしょうか? 実は、感染予防策と…

新型インフルエンザ対応訓練が2件(自衛隊福岡病院、新潟空港)、川内原発での事故を想定した原子力防災訓練

国内で新型インフルエンザ対応訓練が2件、原子力防災訓練が1件実施されています。 弊社は約10年前から新型インフルエンザ対策の重要性をお伝えしておりますが、その頃は「新型インフルエンザ」という言葉はまったく知られていませんでした。時代の移り変わ…

WHO警報、中国で高病原性鳥インフルエンザH7N9のヒト-ヒト感染が発生(続報)

まず最初に、昨日配信した記事の誤りを訂正いたします。 昨日ご紹介したWHOのリスク・アセスメント報告書(以下リンク)ですが、これは2015年2月23日に発表されたものでした。 WHO RISK ASSESSMENT of Human infections with avian influenza A(H7N9) virus …

インフルエンザ(H7N9)の限定的なヒト-ヒト感染が発生、WHO事務局長のコメント

中国でのH7N9感染拡大について、ロイターが報じたWHO事務局長マーガレット・チャン氏のコメントを掲載しておきます。 China has had a "sudden and steep increase" in human cases of H7N9 since December and the WHO has not been able to rule out limit…

女医さんにかかったほうが生き延びる確率が高い?冗談ではなく統計で判明、船のような閉じられた空間で致死率の高い感染症が発生したらどうなる?

女医さんにかかったほうが生き延びる確率が高い? 冗談ではありません。ちゃんとした学術論文の結論です。 女性医師と男性医師では死亡率が「数学的に有意に」違うそうです。 それはつまり… つまり、偶然や計算上の誤差では説明がつかない「明らかな理由」で…