災害対策本部の仕事

さまざまなインシデントや危機に対応するための方法を書いていきます。

ラマダン(イスラム教の断食月)でテロ急増、近所で連動する火災報知器、中国地方で初の弾道ミサイル避難訓練、米国・高高度を飛来する大陸間弾道ミサイルの迎撃試験に初めて成功

f:id:rexakizuki:20170605130340j:plain

(画像:米国Missile Defense Agencyサイトより、EKVと呼ばれる迎撃ミサイル弾頭の想像図)

ラマダン(イスラム教の断食月)でテロ急増

5月27日から始まった今年のラマダンの期間中に、多くのテロが発生しています。

【カイロ=奥田哲平】イスラム教徒のラマダン(断食月)に合わせたとみられる過激派のテロが世界各地で頻発している。過激派組織「イスラム国」(IS)は、インターネット上に「全面戦争だ」としてラマダン中のテロ実行を呼び掛ける声明を発表。呼応するグループが、テロを起こしている可能性がある。

 

怖ろしいのは、劣勢のIS戦闘員が自国に帰っているという指摘です。

ISはイラクやシリアで劣勢に追い込まれており、戦闘員が自国に帰還するなど、各地に分散していると指摘される。

 

これらの多くは、現時点では日本から遠く離れた国々の出来事ですが、国際的なイベントともなれば、日本でも脅威が一気に増すことになります。いまから種々の情報収集は行い、国際的なテロの基礎知識を身に着けておきましょう。

www.tokyo-np.co.jp

 

 

近所で連動する火災報知器

火災が発生して火災報知器が鳴ったときに、肝心の家の持ち主が不在だったり、あるいは既に行動できなくなっているようなケースも十分に想定できます。この連動する火災報知器は力を発揮するでしょう。

 総務省消防庁は、住宅用の火災警報器を飲食店や住宅など隣接する複数の建物で連動させる仕組みの普及を検討する。飲食店が不在でも隣の住民が気付けるようにして、地域ぐるみの速やかな初期消火を目指す。

jp.reuters.com

 

 

中国地方で初の弾道ミサイル避難訓練

秋田県以外で、このような弾道ミサイル対応訓練が実施されるのは、初めてではないかと思います。

 北朝鮮による相次ぐ弾道ミサイル発射を受け、国や山口県などが4日、同県阿武町で弾道ミサイルを想定した住民避難訓練をした。こうした訓練は中国地方では初めてで、住民約280人が参加。

www.nishinippon.co.jp

この避難訓練の次は、弾頭に搭載されている兵器に応じた基礎知識を持っておくことが良いでしょう。

 

 

米国・高高度を飛来する大陸間弾道ミサイルの迎撃試験に初めて成功

記事タイトルを読んで「迎撃ミサイルSM-3は実用化されていたのでは?」と思いましたが、同ミサイルは短距離〜中距離弾道ミサイル対応のものとのことです。

重量にしてSM-3の14倍ものサイズになる、大型ミサイルでの大陸間弾道弾の迎撃が初めて成功したとのことです。

詳しくは、この記事の解説をお読みください。弾道ミサイルの迎撃技術について学びが多いと思います。

hbol.jp

【フリーダウンロード】核攻撃対応・毒ガス攻撃対応マニュアル公開、北朝鮮ミサイル・隠岐諸島から300キロの海域に落下、米空母・3隻目を派遣・北朝鮮抑止へ、ロシアが後ろ盾か?北朝鮮を実質的支配、南海トラフ地震の津波予測システムが採用に

【フリーダウンロード】核攻撃対応・毒ガス攻撃対応マニュアル公開

f:id:rexakizuki:20170414135841j:plain

 北朝鮮がまたミサイルを発射しました。当エントリで関連ニュースを紹介いたします。

 あわせて、以前、公開した毒ガス攻撃・核攻撃への対応マニュアルをリンクしておきます。

blog.bcp.tokyo

blog.bcp.tokyo

 

 

北朝鮮ミサイル・隠岐諸島から300キロの海域に落下

本日早朝、北朝鮮がミサイルを発射し、日本の排他的経済水域に落下しました。

headlines.yahoo.co.jp

 

 

米空母・3隻目を派遣・北朝鮮抑止へ

米国が3つめの空母打撃群を派遣したとの報道です。

もともと空母カールビンソンは、空母ロナルド・レーガンのオーバーホールによる空白を埋めるために派遣されたとのことでした。同空母が復帰したあと、カールビンソンがこの海域に留まるのかどうかが話題になっていました。

ここへきて、さらに、ニミッツ空母打撃群が加わります。

その報道があった直後のミサイル発射でした。

米海軍が原子力空母ニミッツ艦隊の西太平洋派遣を決めたことが26日、わかった。米軍関係者が明らかにした。アジア・西太平洋地域に派遣されている原子力空母カールビンソンとロナルド・レーガンに加え3隻目。同地域に同時に3隻を展開するのは異例だ。

www.asahi.com

 

 

ロシアが後ろ盾か?北朝鮮を実質的支配

北朝鮮が強気でミサイルを飛ばしまくるのは、後ろ盾にロシアがいるからだという観方が浮上しています。確かに、これが事実だとすれば、さまざまな疑問が解決します。

「ミサイルを飛ばしているのは、北朝鮮ではなくてロシアですよ。北朝鮮にあるミサイルのほとんどは、ロシア製です。それに、すでに北朝鮮にロシア兵が入り込んでいる可能性が高い。
 ウラジーミル・プーチン大統領は『北朝鮮が核保有国であり続けてもかまわない』と思っているんです。北朝鮮にある40kgのプルトニウムのうち、30kgはロシアが持ち込んだものです。核弾頭1発に必要なのは4~6kgなので、北朝鮮は6発分くらいのプルトニウムを保有しています」(中村氏)

ニュースサイトで読む: http://biz-journal.jp/2017/05/post_19246.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved. 

biz-journal.jp

 

 

南海トラフ地震の津波予測システムが採用に

東北大学・大阪大学・NECが津波予測システムを開発し、内閣府に採用されます。

■東北大学 大阪大学やNECなどと大地震に伴う津波被害を予測するシステムを開発、政府が初動対応などを決める際に使う内閣府の「総合防災情報システム」に採用されることが決まった。南海トラフ地震が発生した場合、30分以内に浸水被害の範囲を計算できる。2017年度後半に運用を始める。

www.nikkei.com

 

原発再稼働はBCP的には望ましいことですが…、通報は出火の40分後、北朝鮮ミサイルは固形燃料のSLBMか、トランプ大統領サウジに12兆円の武器売却

https://www.cnn.co.jp/storage/2017/05/21/49538915e2e8b9862784cf5aea6bb421/president-trump-saudi-arabia-may-02.jpg

(画像:CNNサイトよりリンク、サウジを訪問したトランプ大統領)

原発再稼働はBCP的には望ましいことですが…

安定していて安価な電力は、産業の国際競争力の要(かなめ)です。ですから原発稼働の議論はテクニカルであるべきと個人的には考えていますが、どういう訳か、思想的な立場によって裁定が変わるようにも見えます。

この記事のファシリテーター永里氏もおっしゃるように、国民的な合意を得るための議論の枠組みは、国が用意すべきではないかと考えます。

newswitch.jp

 

 

通報は出火の40分後

初期消火に自信があったのか単なるミスなのかはわかりませんが、消火に35時間を要した新日鉄住金の厚板工場火災で、通報の遅れが指摘されています。

ある企業でも「119番通報をしたと思っていたら出来ていなかった」という、ヒヤッとする事例があったと聞きました。「まず通報」という手順書の作成と、教育・訓練を通じての徹底が重要です。

www.yomiuri.co.jp

 

 

北朝鮮ミサイルは固形燃料のSLBMか

トランプ政権が「北朝鮮と対話の用意がある」との談話を発表しているにもかかわらずミサイルを撃ってくるということは、対話をするつもりがないという強硬姿勢の意思表示と思われても致し方ありません。

自ら戦略オプションを減らすことの合理性というか意図が、私には理解できません(「考えてない」としか思えない)

www.sankei.com

それでいてミサイルのターゲットは「米本土と在日米軍」と言明しています。

www.sankei.com

わざわざ自分から「日本はターゲットではない」と宣言してくるということは、日本に対して何らかのメッセージ=配慮の要求=忖度を求めているようにも見えます。

この程度のメッセージで日米同盟が揺らぐことはありえませんが、北朝鮮にしてみれば必死の分断工作なのかもしれません。

 

 

トランプ大統領サウジに12兆円の武器売却

桁外れの「ビジネス」です。

トランプ氏は、サウジに1100億ドル(約12兆円)分の武器を売却する契約に署名した後、「米国への巨大な投資だ」と述べて、雇用創出の効果に期待を示した。

www.cnn.co.jp

気になったのでサウジアラビアの基礎データを調べてみました。

サウジアラビア基礎データ | 外務省

 

外務省のデータによれば、サウジアラビアの2015年国家予算は約72兆円(1ドル111円で換算)、軍事予算は9兆円です。

サウジアラビアは、原油価格の低迷により財政赤字と伝えられています。にもかかわらず国家予算の6分の1、自国の軍事費を上回る額の武器調達を行うとなると、目的は何か?向かう先はどこか?と気になります。

 

報道によれば、イランを念頭においた圧力でした。トランプ大統領は、ここでも「サウジを遠ざけイランに近づいたオバマ元大統領」から明確な路線転換をはかっています。

www.sankei.com